都区内フリーきっぷ、3月末で廃止へ

2013年01月28日 Mon
「都区内フリーきっぷ」「都区内・りんかいフリーきっぷ」の発売終了について(JR東公式)
ttp://www.jreast.co.jp/press/2012/20130112.pdf

JR東日本では、東京近郊の各駅から東京都区内までの往復乗車券と東京都区内のJR東日本線が乗り降り自由となるフリーエリアがセットになった「都区内フリーきっぷ」「都区内・りんかいフリーきっぷ」を発売しておりますが、お客さまのご利用状況を踏まえ、2013年3月31日利用開始分をもって、発売を終了いたします。
通常であればこういう記事は立てないし、オイラ自身も小田急線で新宿に出て都区内パスを使うため直接的な影響はないのだが……ポケモンスタンプラリーの時に影響を受ける人は決して少なくないような気がするわけで。公式プレスを解釈した限りだと往復乗車券のない都区内パスは残るようなので、都区内パス+フリーエリアの境界駅〜出発駅往復の組み合わせのきっぷを買えばいいのかもしれないが……。

続きを読む

MとNとV

2013年01月20日 Sun
130120a.jpg
昨年11月以来、ブイコレをはじめとする未購入のポケセングッズが増えたこともあり、かな〜り久々となるMMのポケセンへ。確認したらヨコハマは昨年2月下旬の全国版メタルチャームその3以来とか……。

17日からアニポケがエピソードNに移行したことで始まったキャンペーンに併せて、店内に撮影用パネルが設置されたということで、トップ写真はそれに関する画をチョイス。パネル横のモニタの一部がモザイク処理されてるのは、ポケセン限定のクイズが出題されてるため。放送前の1週間の間に問題を確認し、放送から1週間以内に回答&シールゲットのためにポケセンへ行くとかそれなりのヘビーユーザーでなけりゃ無理だろ……と個人的には思うんだが。

130120b.jpg
その一方、年明け前から告知されてたポケスマ最強決定戦絡みのパネルの設置もあったはずなんだが、それはどうなってるのかと思ったら……店の隅に佇んでいた件についてwww 周りを見てもあまり気にかけられてないような雰囲気だし、(別の意味で)流石山本隊員だと思った。おまけにスポットライトみたいな演出の照明が顔だけに当たってそこだけ白飛び気味になってるし……(爆)。

130120c.jpg 130120d.jpg 130120e.jpg
2ヶ月半溜めた分の購入物は……全部クリアファイル。11月に出たブイコレはイーブイ、進化系併せ8種全て(+弟から委託したイーブイを1枚追加)を確保できたものの、1枚で250円なのでこれだけで2000円を突破。これに昨日出たおたすけグッズ系のやつが2種、11月頭に見送ったルギアやコピペロス系を確保し、3000円とキリがよくNコースターゲットにも都合がいいため、12月後半に出たゲノセクトのファイルについては次回に先送り。ルギアやゲノセクトのファイルに施されてるキラキラ加工がなんかかっこいい気がする。
ただ、残念なことにクリアファイルホルダーや「La Maison de Eievui」のファイルのほか、ツイッターで話題となったみがわりぬいぐるみも見当たらず……金が必要以上に流れなかったのはいいのか悪いのか……。

130120f.jpg ※自Twitpicから再掲
2010年版から毎年購入しているマックのポケモンカレンダーについて、今年版は腹を空かせた状態で立ち寄る機会がなかなかなく、この日の午前中にはトップページから特設ページへのリンクが消えて焦ったあげく、地元から横浜までの乗換駅周辺を確認しながら、帰る前にやっとの思いでゲット。
ポケモンのイラストと日付ごとに区切られた余裕のあるスペース、掛かっているのを見るとなんとなく安心できますね!

路線図の記憶

2013年01月14日 Mon
130114a.jpg
1月上旬の某日、ふとしたきっかけで壁に放置状態だった小田急の中古路線図(何年も前にファミ鉄で購入)を引っ張り出す機会があり、ひとまずアーカイブということで……。

130114b.jpg
デザイン上ではおそらく2世代前のタイプで2x歳のオイラが車内で直接見た記憶はなく、大根や大秦野(現・東海大学前/秦野)の駅名が残っていたので、1987年以前のもののようである。
乗換案内には開通当時の記憶があるTXや副都心線などはもちろんであるが、大手町には半蔵門線の名前がないなど、時代を感じさせる証拠でもありますな!
書いてて気づいたけど、停車駅によって○の中を色付けするタイプはお隣の東急だと東横線の線内図を除けば今でも現役ですね。しかも、ネットワーク図の東横線内だと特急・通特・急行・各停とこっちよりも種別が多いし……。

130114c.jpg
直接見た記憶のある1世代前のやつは新聞紙に梱包されてて扱いが面倒だったので飛ばし(爆)、現行世代のデザインへ。ただし、快急・区準はなく湘南急行が現役だったときの時代のもの。
優等列車については新宿or代々木上原からの所要時間が○の中に示してあり、登戸遊園間って2分もかかるものだったっけ……? と当時は思ったものである。快急の所要時間が書かれていた版も記憶があり、登場直後までは残っていたような記憶があるものの、いつの間にか消えてしまいましたね!

ちなみに冒頭写真は購入時にサービスでついてきた路線図用の紙ケースで、部分的に日光焼けが起きた一方、底面が原因不明の浸水(?)によって底が破けて使い物にならない状態になったため泣く泣く破棄するはめに……。今考えればガムテープで修理すれば使えたかな……(苦笑)。それにしても、いつ手に入れたかは覚えてないものの、当時はHiSEがLSEよりも先にお亡くなりになるなんて考えたことがなかったなぁ。

ポケモンダイレクトの開設とXYの発表

2013年01月08日 Tue
話の発端は年が変わる目の前あたりからだったろうか……ツイッターでBW2のCM末尾に株ポケから重大発表という静止画が入ったという情報が流れ半信半疑で様子を見ていたのだが、年明け最初の平日となる1/4の午前中、オフィシャルサイト内に特設ページが設けられ8日の火曜日に「最新情報をお伝えする」と。しかも、英語版のポケモン公式ツイッターでも同じ内容が流れてることから海外でも同時発表される内容である。
株ポケの定例発表は基本的に毎週金曜14時であり、コロコロ発売日などの例外があるとしてもなぜ火曜日なのかという疑問が湧いてくる。ツイッター上だとゲーム本編(RSリメイク/BWマイナーチェンジ/第6世代)新作の発表説が強いものの、HGSSやBW無印の発表はそこまで大々的に予告してなかったこともあり、本編とは違う新たな重要事項の発表ではないかという疑問も多少抱きつつ……

で、発表が何時ごろになるのか気になってきた前夜、任天堂の公式ツイッターから「Pokemon Direct」の配信を20時から実施という告知が流れてくるとともに、ポケモン公式サイトでカウントダウンが開始される。
話が多少脱線するが、Nintendo Directの開始経緯はウィキペディアによると、「ゆがめられた情報が先行してネット等で流布されてしまうことを抑制するため」という記述があり、Pokemon Directが開設された背景として、ゲームだけでなく映画とかも含めて公式発表前にコロコロのフライング情報が流出してたことを考えると、それに関する株ポケの対応策なのかなと思ったり。
実際、BW2の第1報はポケスマでの増田さんの発言がそれになるし事前に情報が漏れてなかったことを考えると、映像で直接配信し、その直後に公式HPを更新する流れの方が望ましいうえ、今日のように「Direct」でやればTXN系列の電波が入らない地域だけでなく、海外でも見れてよりベターだろうし。雑誌だと小学館との関係もあるだろうけど、流通経路で関わる人が多数に及ぶ以上、情報漏れを防ぐにしても限界な気がするし……。
とはいうものの、実際は任天堂の鯖で派生版として開設された状況から察すると映画等の情報は前売り/劇場配信ポケも含め、ノータッチというのが現実かな。

======================================

そしてPokemon Directで本編の歴史が流れ、開始から5分半後……ついに新しい時代への扉が開かれたのである。

岩田社長の口から発せられた3DSでの第6世代となる新作への言及、そして順番が飛ぶが発表されたタイトルが『X・Y』で今年の10月発売。映像を見たときにはX・Yとかタイトルの発表はこれからか?と思ったらこれで確定なのだから驚きである。そしてバージョン表記が色+α→宝石→色と推移し、まさかのアルファベットに移行するとは……
さらに特報PVの最中に新御三家まで一気に公表。草・炎・水の順にハリマロン・フォッコ・ケロマツ。ハリマロンは顔つきがなんとなくフタチマルと似てる気がするのはいいとして(?)、ケロマツってなんか銭湯で見覚えがあるような……(爆)。 記憶のある限り、ルビー以降はプラチナとB2を除いて草ポケ選択が伝統となりつつあるんだが、フォッコも結構気になるし。自分に根付いたどうでもいい伝統を守るか、見た目で最初に気になった可愛い方を選ぶか……ツタ・ポカ・ミジュのときとは違う意味で迷います罠。
※追記訂正:ケロマツと銭湯の関係について、風呂桶の広告である「ケロリン」の名前と似ていることに伴う連想によるもので、実質上は無関係であることがわかりました。お詫びして訂正します(苦笑)

何はともあれ、発売は今年の10月というのも確定しているのだが、3DSが手元にない以上、夏のイベントに加えて3DS本体とソフトを買うための資金源を確保しなければいけないし、そのタイムリミットまで残り9ヶ月、いい加減重い腰を上げないとね……('A`)

謹賀新年2013

2013年01月03日 Thu
130103.jpgあけましておめでとうございます。

昨年は小田急ダイヤ改正に伴う3形式の一斉引退やBW2の発売、幻ポケ3体が時間差攻撃で一気に公表される、といった大きな動きがあった一方、このブログの更新休止から復帰・HN変更と同時に身分が悪い方向に転じ、モチベーションの低下も合わさったことで諸々の活動に制限がついた「渋二(じゅうに)」年だったかなぁと。

ここ最近はツイッターへの書き込みが多くなりブログが放置気味になっていますが、安定した身分の確保と好きなことの活動に対するバランスの是正も考慮しながら、満足のいく2013年にできればと思います。というわけで、今年もよろしくお願いいたします!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。