ポケモンスタンプラリー2017の開催発表 JR東日本編

2017年07月04日 Tue
170704.png
6月30日付けでJR東日本版ポケモンスタンプラリーの公式HPが更新(開催日程の仮公表)され、7月4日にJR東公式サイト内・プレスリリースのページにおいて、開催概要のPDFファイルが6/30付の扱いで公開されたのを確認しました。

全世代のポケモンファンへ向けて 「JR東日本ポケモンスタンプラリー2017」を開催します
http://www.jreast.co.jp/press/2017/tokyo/20170630_t02.pdf(JR東日本公式・PDF)


開催期間は7/21(金)〜8/20(日)の31日間、スタンプラリーの形式に復帰し、設置駅は50(2015年比+12駅)に拡大しているほか、スタンプ帳の配布、エリア分けの実施、ゴール箇所の変更などが行なわれています。

----------
6/30の仮更新で上記リリースにもあった「全世代向けのパワーアップ」、内心でスタンプの設置駅数やエリアの大幅拡大もあるかと思ってはいたが、エリアだけで見れば府中本町、川越、蘇我の3駅程度で収まったので一安心。この中では3本/hの川越がネックかな?
設置駅数としては過去数年比ということでAG・DPの最繁期の約半分程度ではあるが、初のスタンプ新規設置駅として前述の3駅+武蔵小金井、レイクタウンが加わったほか、設置対象として復活した駅が多数あり、個人的には数字以上に駅数が増えた印象。特に郊外は各支社の管内で2駅限定の縛りがなくなったけど、広いエリア(リリースでは「東京近郊」と表記)から参加しやすくする方策の影響もありそう。

この考えは6駅達成分の賞品引換箇所の変更で説明されてて、今回は(から?)NewDays等の一部駅構内店舗で6駅達成分の賞品引換が可能になった。……ただ、後述する全駅達成分等も扱うゴールカウンターが上野のみに削減されたうえ、山手線の西側には6駅達成分の引き換え対象店舗のある駅が皆無に等しい状態。新宿からだと最寄りが大崎や西荻とかで結構な駅数があるし。
昨年の実施形式の特性上、1ヶ所に集約して問題ないって判断なのかもしれないけど、池袋/新宿/渋谷の3駅とか複数の私鉄が集中する駅だし、私鉄線が最寄りの人も結構いるはずなんだが、さすがに不便すぎやしないかと。今年の実施内容のなかで最も残念な点であり、来年以降は新宿へのカウンター復活を検討してほしいところ。

賞品の方は6駅達成分と全駅達成分の間にエリア別のコンプ(4エリアから数に応じて賞品であるキーホルダーのポケモンが増える)が新設。黄金期は6駅集めたら次は全95駅だったし、間にワンクッションあるのは参加しやすくなるための方策の一環かな。1つのエリアを集めるごとに賞品のキーホルダーのポケモンが増えていくのは6駅ごとに1枚カードが手に入る2013年のやり方(最大24駅/4枚)と似てるかなと思ったり……

ポケモンの方も今回のリリースで発表となり、映画20thということで大半が伝説・幻系中心、あとは映画本編に絡むであろう連中といったところなんだが、どういうわけか映画のキーポケモンになるホウオウがいないのが謎。今年はシークレットスタンプの設置がないから、ホウオウにたどり着いたという意味合いでゴールの確認印に出てくるんだろうけど、個人的にはどうもしっくり来ない感が。
あと、一昨年の伝説ラッシュと被っているうえ、サン・ムーンのポケモンが少ないのはさすがに致し方ないか。ただ、某サイトを編集する際に気づいたけど、ギラティナが2015と2017で同じ駅(八王子)に配置されてたのは、ちょっと考えてほしかったなぁ(苦笑)。

あと、話の流れから最後の方になってしまったが、スタンプの設置時間が昨年の謎解きラリーと同じ、初電〜終電となったのは大幅な変更点。ここ数年、冬季に東京支社管内の駅のみでウルトラマンやドラゴンボールを採用したスタンプラリーをやってたし、ポケモンでも全世代向けへの方針変更を機に、同様に変更しても問題ないと判断したか。
ただし、冬季とは違って都区内パスの範囲外となる駅が広範囲にあるのが異なる点であり、スタンプがみどりの窓口内にある駅に限ってそこの営業時間のみしか押せないことが組み合わさると、何かしらの問題が起きそうな気もする。16時や17時に閉まるような駅は東京近郊だとさすがにないだろうけど、万が一やらかした場合はきっぷの買い直しによる財布への追加ダメージも高くつくし、行程を組む際の制約になるので対象の駅や時間の周知は早めに公表してほしいところ。

昨年の特殊な実施形態を挟み、「全世代向けのパワーアップ」はいい意味でも悪い意味でも大きく変わった印象。何はともあれ、アニポケ初年からほぼ毎年参加(無印時代に無参戦と実施なしによるブランクあり)しているなかで、こうやって続いてくれるのは嬉しいし、映画20周年に相応しい内容になったかな。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック