ポケモンスタンプラリー2015の開催発表 JR西日本編

2015年07月10日 Fri
150710.png
7月10日に2015年版JR西日本のポケモンスタンプラリー開催概要が発表されました。

JR西公式:「JR西日本 夏休みポケモンスタンプラリー2015」の実施について
ttp://www.westjr.co.jp/press/article/2015/07/page_7355.html
同(JRおでかけネット):JR西日本夏休み ポケモンスタンプラリー2015
ttp://www.jr-odekake.net/navi/stamp_pokemon/

開催期間は8/1(土)〜8/30(日)の30日間、スタンプの設置駅数は関西エリアコースが22駅、実質3年ぶりの復活となる新幹線コースが岡山以西の14駅となっています。

--------------------
関西エリアコースは設置駅数が昨年の6割程度に減少し、ゴールのルールについても、2駅分ゴール後に1駅+ポケセン+ステーションシネマの3ヶ所押印で再ゴールという形態に縮小。既に発表済みとなる他社同様、設置駅が削減されている傾向なのは気になるところ。
なお、ゴール駅の開設についても、土日の午後からの開設でかつ、対象駅が大阪のみと昨年以上となる縮小に。う〜ん、そこまで減らすほど人が少ないのかなぁ?
ちなみに、発表が遅かったためか今年はスタンプとして配置されるポケモンも同時に発表。関西エリアコースは伝ポケ+レギュラー手持ちの一部という無難な組み合わせである。

あと驚かされたのは、ポケセン新設絡みによる広島エリアコースの設定ではなく、新幹線コースが復活したこと。さらにびっくりしたのは……岡山から博多のスタンプに加え、抽選で手に入るグッズまでもがピカ様尽くしとかなんじゃこりゃー!!
ORASで登場したおきがえピカのスタンプも一部の駅で採用されてるものの、その対象駅は岡山、新尾道、広島、新山口、博多とおよそ3駅に1駅の間隔で配置されている感じ。のぞみの停車本数が多い主要な駅ってわけじゃないのね。

新幹線コースの復活が予想外だった一方、関西エリアコースのスタンプ設置駅やゴール駅のさらなる縮小で都市圏の規模の割に参加状況が厳しそうな印象を感じた今年の西版スタンプラリー開催概要でした!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック